2019年05月12日

母の日

相田みつお の言葉です。

「育てたように子は育つ」
「アノネ 親は子供を みているつもりだ けれど
子供はその親を みているんだな<親よりも きれいな よごれない 眼でね」

母の日ということで、
8歳の次男が自分の小遣いでカーネーションを買ってきたらしい。

20190512_カーネーション.jpg

いつものごとく大喜び。
良かったですね。

昨年他界した私の母にはこれです。

20190512_カーネーション2.jpg

庭にはランタナの蜜に誘われアゲハ蝶が舞ってしました。

20190506_アゲハ蝶.jpg


posted by れん | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

家族サービス

前代未燃の10連休、ということで家族サービス。
お財布と懐の鑑み、大人の事情を考慮して日帰りでしたが。
そもそもGWの予定は未定であり、
今回の旅行に関しても前日に決めた計画です。
とはいえ、4人の子供たちは大ハシャギ。親の気持ちはいざ知らず。

千葉県の鋸山 → 海鮮浜焼き → 館山で温泉 → 帰宅 という単純なプラン。

鋸山
20190429_鋸山.jpg
ロープウェイで登り頂上へ。
垂直に切り立つ岩山。人力によって作られた景観であるが、足がすくむほどの高さでした。

鋸山は「鋸(のこぎり)山」は、
石を切り出した岩肌が鋸の歯のように尖っていることからその名がついたようです。なかでも断崖が垂直に切り立つ地獄のぞきは房総半島を一望できる絶景 が有名。

しかし、現地案内人の方から教えられた衝撃の事実がある。
「地獄覗きといわれる本当の理由は、実は絶景の崖ではなくその反対側の崖」
そういわれたので見てみると、絶景とは真逆の光景、ごみの山でした。
案内人の話では、すべて観光客が投げ捨てていったペットボトル他のごみ。
「人間が作った本当の地獄だよ…」と言っていたのが印象的でした。

一部ではパワースポットだとか言われているようですが…、見たら愕然とします。人の傲慢さが感じられた瞬間でした。


館山の海岸
20190429_海岸.jpg
潮風はやはり気持ちいい。
残念ながら曇り空だったので夕日は見られずでした。


海辺で遊ぶ子供ら…
20190429_152516.jpg
楽しかったのかな…。
posted by れん | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

元号一覧

大化、白雉、朱鳥、大寶、慶雲、和銅、靈龜、養老、神龜、天平、天平感寶、天平勝寶、天平寶字、天平神護、神護景雲、寶龜、天應、延暦、大同、弘仁、天長、承和、嘉祥、仁壽、齊衡、天安、貞觀、元慶、仁和、寬平、昌泰、延喜、延長、承平、天慶、天暦、天德、應和、康保、安和、天祿、天延、貞元、天元、永觀、寬和、永延、永祚、正暦、長德、長保、寬弘、長和、寬仁、治安、萬壽、長元、長暦、長久、寬德、永承、天喜、康平、治暦、延久、承保、承暦、永保、應德、寬治、嘉保、永長、承德、康和、長治、嘉承、天仁、天永、永久、元永、保安、天治、大治、天承、長承、保延、永治、康治、天養、久安、仁平、久壽、保元、平治、永暦、應保、長寬、永萬、仁安、嘉應、承安、安元、治承、養和、壽永、元暦、文治、建久、正治、建仁、元久、建永、承元、建暦、建保、承久、貞應、元仁、嘉祿、安貞、寬喜、貞永、天福、文暦、嘉?、暦仁、延應、仁治、寬元、寶治、建長、康元、正嘉、正元、文應、弘長、文永、建治、弘安、正應、永仁、正安、乾元、嘉元、德治、延慶、應長、正和、文保、元應、元亨、正中、嘉暦、元德、元弘、建武、延元、興國、正平、建德、文中、天授、弘和、元中、正慶、暦應、康永、貞和、觀應、文和、延文、康安、貞治、應安、永和、康暦、永德、至德、嘉慶、康應、明德、應永、正長、永享、嘉吉、文安、寶德、享德、康正、長祿、寬正、文正、應仁、文明、長享、延德、明應、文龜、永正、大永、享祿、天文、弘治、永祿、元龜、天正、文祿、慶長、元和、寬永、正保、慶安、承應、明暦、萬治、寬文、延寶、天和、貞享、元祿、寶永、正德、享保、元文、寬保、延享、寬延、寶暦、明和、安永、天明、寬政、享和、文化、文政、天保、弘化、嘉永、安政、萬延、文久、元治、慶應、明治、大正、昭和、平成、令和
posted by れん | 雑記 | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

新時代「令和」

時代の幕開け 令和。
素晴らしい時代となりますように。

災害がなくなる時代となりますように。
戦争がなくなる時代となりますように。
飢餓がなくなる時代となりますように。
貧困がなくなる時代となりますように。
疫病がなくなる時代となりますように。
差別がなくなる時代となりますように。

私たち人間は悲劇を悲しむだけでなく、
学び反省し改めて、少しでも良くしていくことが最善の努力だろう。
一歩は小さいかもしれないが、やがて大きな足跡が残ると思う。

令和

みんなが幸せでありますように。

令和.JPG
posted by れん | Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

再開

ブログ再開。
ここ2年程、更新をしておりませんでした。
決してサボっていたわけでもなく、
再開のタイミングを考えていたらこの時期になってしまいました。

もうあと数分で平成が終わろうとしています。
この2年、怒涛の様に環境が変わった。
2018年には母が亡くなり、2019年には義父が亡くなった。
自身も身の回りの環境も目紛しく変わった。

時代も変わった。
そして令和です。
生成化育ということで、このブログの趣旨も少し変えて再出発するつもりです。
posted by れん | Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする