2017年04月23日

百花春至為誰開

碧巌録にある言葉だそうです。

「百花春至って誰が為にか開く」。
花は誰の為に咲いているのでしょうか。
誰の為でもありません。何の為でもありません。
目的があって咲いているのではなく、ただひたすらに咲いているだけです。
何も求めず、何も魅せず、何も顧みず。
その姿がただ美しい。
禅語でいう、無為にして為さざるはなし。

我が家のツツジも満開です。

20170423_ツツジ.jpg

2017年04月21日

大宰府天満宮

菅原道真 
天満大自在天神

20170420_大宰府天満宮.jpg

しかし、こんなに外国の観光客がこんなに大勢いるとは思わなかった。
観光地化された神域はいずれ荒れてしまう…。
なんとも淋しい感じがした。

20170420_飛梅.jpg





2016年12月31日

除夜の鐘

もうすぐ年が明けます。
テレビは「ゆく年くる年」を見ながら、
こたつに入り蜜柑をかじる。
そして遠くから除夜の鐘の音が聞こえてくる。

風物詩のように日本のありふれた風景だった。

ところが昨今、除夜の鐘の音が騒音だとしてクレームになるという。
除夜の鐘は煩悩を消し去り、
欲を持たない心で新年を過ごすためのお浄めの行事だったのに。

お寺の周りに住宅地が迫った…
年末という季節感が薄れてきた…
イベント的な「除夜の鐘」が増えてきた…

様々な背景はあるんだろうが、また一つ日本の風情が消えかかるのは淋しい。

ところで鐘の音は108つく。
この108の由来はさまざまあるらしい。
もっとも有力なのは仏教の教えで、
人間には108つの煩悩がある事から、
その煩悩の数だけ鐘を撞き煩悩を追い払うというものです。

ほかにも「12ヶ月」「二十四節気」「七十二候」をすべて足すと108。
四苦八苦 しくはっく 4×9 + 8×9 = 108
まぁ、いろいろあるものです。

2016年12月25日

サンタがきた

我が家にサンタクロースが来たらしい。
朝起きたらリビングに4人分。
さぞかし揃えるのに苦労したろうな。

サンタクロースは今年も子供たちの心に住んでいました。



   西洋占星術を学ぶ。おすすめの本は下記をクリック…
占星術の本4_1.jpg
 
   九星気学を学ぶ。おすすめの本は下記をクリック…
気学の本4.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。