2019年08月15日

母 一周忌の夏

お盆です。
台風10号が近付いているためか、天気は不安定。
今年のお盆は母が亡くなって一周忌の年の夏。やはり猛暑でした。

来年は三回忌。一周忌の翌年は三回忌。その後七回忌、十三回忌…と続きます。
なんだか数え方が難しく感じますね、一周忌の翌年が三回忌…。
「周忌」と「回忌」、数える単位が違うということです。

一般的には知られていませんが、一回忌、二回忌もあるそうです。
それは
亡くなったとき   … 一回忌(1回目の法要=葬儀)
亡くなった1年後 … 二回忌(2回目の法要=1周忌)
亡くなった2年後 … 三回忌(3回目の法要

なぜ二回忌とは言わず1周忌と言うのか…?
おそらく「喪が明ける」という考えから来ているのでは? と言われています。

奈良時代では「養老律令」、江戸時代では「服忌令」という法律の中で
父母の喪は12~13ヶ月と定められていたそうです。
近代日本では明治時代の太政官布告による服忌令では13ヶ月、
皇室服喪令では12ヶ月となっているようです。

現在の日本の法律では喪の期間について言及はされておりませんが
前例にならって1年前後というのが一般的なのでしょう。
なので、喪が明ける1年後の法要、1周巡ってきたときの法要で1周忌。
これで故人とは一区切りして、翌年から数え年で三回忌、七回忌、十三回忌…
となっていくのでしょう…。

1周忌を迎えた年の夏、お盆の供養を行いました。
いまあの世でどんな生活しているんでしょうか。
聞いてみたいものです。



posted by れん | うらない | 更新情報をチェックする
その他、読まれている記事
母 一周忌の夏 (2019/08/15)
桃に感動 (2019/08/15)
ありがとう (2019/07/16)
一家団欒の大切さ (2019/07/08)
はたらく言葉たち (2019/06/17)
「仕事」に想うこと (2019/06/17)
檸檬(レモン) (2019/06/17)
人知らずして慍みず (2019/06/16)
ブルーベーリーが実ってきた (2019/06/16)
夏バテ間近? (2019/06/16)