2017年04月23日

百花春至為誰開

碧巌録にある言葉だそうです。

「百花春至って誰が為にか開く」。
花は誰の為に咲いているのでしょうか。
誰の為でもありません。何の為でもありません。
目的があって咲いているのではなく、ただひたすらに咲いているだけです。
何も求めず、何も魅せず、何も顧みず。
その姿がただ美しい。
禅語でいう、無為にして為さざるはなし。

我が家のツツジも満開です。

20170423_ツツジ.jpg
posted by れん | Comment(0) | ことば | 更新情報をチェックする
その他、読まれている記事
子は親の鏡 (2019/09/23)
人材育成 (2019/09/04)
リーダーの心得 (2019/09/03)
母 一周忌の夏 (2019/08/15)
桃に感動 (2019/08/15)
ありがとう (2019/07/16)
一家団欒の大切さ (2019/07/08)
はたらく言葉たち (2019/06/17)
「仕事」に想うこと (2019/06/17)
檸檬(レモン) (2019/06/17)