2010年09月28日

冷たい鑑定

世の中には冷たい占い師もいるものです。
占いとは当てて終わりではありません。
的中率だけが占い師の価値ではありません。
先々に災いがあれば避けて生きていけるように
知らず知らずのうちにでも導いてあげることが大切。
自身ではなかなか気付きにくいもので
「ほら私の鑑定があたったでしょ…」的な態度をとる占い師さんも多いと聞きます。
鑑定によって言い当てることが占いの醍醐味でもなく、
占い師自身の評価を高めるものではないことをわかってもらいたい。

何のための占いなのか…、今一度考えてみてほしいです。

ところでここ数日の天気とは
灼熱の夏で疲れたのか太陽がお休み中。
子供・私・奥方の順番で風邪をひきはじめた…。
ラベル:占いの的中率
posted by れん | うらない | 更新情報をチェックする
その他、読まれている記事
働く人の大切な、そして大事なこと。 (2020/08/13)
人として悩んだら… (2020/06/14)
タロットとは、ちと違う。 (2020/06/03)
ブルーベリーと百合の花 (2020/06/03)
仏壇離れ (2020/02/02)
不穏な世の中 (2020/01/04)
2020年香取神宮の初詣 (2020/01/03)
子は親の鏡 (2019/09/23)
人材育成 (2019/09/04)
リーダーの心得 (2019/09/03)