2010年10月17日

赤ちゃんの命名

赤ちゃんに名前を付ける時、
どんな夫婦もこの赤ちゃんの将来を想って名前を付けます。
姓名判断に凝る人もいることでしょう。

私の子供にも大吉の名前を付けました。
姓名判断と言っても本当は画数のみではなく、
“音”が非常に大事です。
それから生年月日とのバランスも大切です。
ですから、
名前だけをみて大吉のものを付けるだけでは
本当はだめなのです。

赤ちゃんの誕生した日時をみて
その運勢のマイナス面を隠し、
プラス面を助長させる名前で、かつ大吉。
これが本当の大吉となる命名になります。

どんな生年月日であれ完璧な日時はありません。
ですから性格と運勢には必ずマイナスの側面が生じます。
そのマイナス面を隠すような名前を付けてあげるだけでも
その後の命運が大きく開きます。
生年月日は変えることができませんが、
名前はある程度自由に決められますから。

これから生まれてくる赤ちゃんの名前を考えている方、
どうか参考にしてみてください。

ラベル:命名
posted by れん | うらない | 更新情報をチェックする
その他、読まれている記事
働く人の大切な、そして大事なこと。 (2020/08/13)
人として悩んだら… (2020/06/14)
タロットとは、ちと違う。 (2020/06/03)
ブルーベリーと百合の花 (2020/06/03)
仏壇離れ (2020/02/02)
不穏な世の中 (2020/01/04)
2020年香取神宮の初詣 (2020/01/03)
子は親の鏡 (2019/09/23)
人材育成 (2019/09/04)
リーダーの心得 (2019/09/03)