2015年08月15日

賛成も反対もみな平和を望む

70年談話が発表された。
私個人の評価としては大いに評価すべき内容だと思う。
ところが日本国内のマスメディアは批判的な意見ばかりが目に付く。
テレビで発言される論評は多くが批判的である。
なぜだろう。

インドネシアは「高く評価」。
外務省の公式ツイッターで「高く評価する。
 インドネシアはアジアのすべての国に平和維持への貢献を果たすよう求める」

米ホワイトハウスは「歓迎」との声明
「過去の談話を引き継ぐ約束だけでなく、
第2次世界大戦中にもたらした苦難に対する痛切な反省も表明しており、
歓迎する」

韓国の中央日報も
「安倍首相の言動に一喜一憂し、
歴史問題で偏狭に争うのは終わりにすべきだ」と呼び掛けた。

このように
70年談話に対する評価は決して批判一辺倒ではない。
賛成も多くいるだろう。
なのに何故、マスメディアたちは批判一辺倒になるのだろう。
昨今のテレビニュースの安倍政権に対する評価が全てならば
政権支持率は一桁台でも不思議はないが、実際は思ったほど低くない。
最近、ようやく?不支持が上回ったらしいが…。

戦後70年談話を高く評価する人も非難する人も
戦争をしたいと考えてはない。
安保法制に賛成している人も反対している人もみな平和を望んでいる。
みな平和が好きだ。
ただ「平和」というものに胡坐(あぐら)をかいていると
いつのまにか平和を掻き乱す勢力が現れてくる。

銃口を向けてくる相手に
「話せばわかる」と説いても説得できる相手とは限らない。
撃たれてからでは議論もできない。

的外れな例え話だが、
自然とは、「自然」が99%と「不自然」が1%が共存している。
もしかしたら平和というのもこれと同じことが言えるのかもしれませんね。
安保法制の議論もテレビでは批判が目に付く。
しかし両者の見ている先は「平和」であることは揺るぎない事実だ。
安保法案は「戦争法案」と非難するのは短絡的な考えに思えてしまう。
戦争をするための法案ではなく戦争から守る法案であるはず。
それを

posted by れん | 時事と世相の話 | 更新情報をチェックする
その他、読まれている記事
子は親の鏡 (2019/09/23)
人材育成 (2019/09/04)
リーダーの心得 (2019/09/03)
母 一周忌の夏 (2019/08/15)
桃に感動 (2019/08/15)
ありがとう (2019/07/16)
一家団欒の大切さ (2019/07/08)
はたらく言葉たち (2019/06/17)
「仕事」に想うこと (2019/06/17)
檸檬(レモン) (2019/06/17)