2015年09月18日

安保の大事な話

大騒ぎの安保法案。
戦争反対、憲法違反、怒号がやまない。
この安保法案に賛成のひとも、反対のひとも、みな戦争はしたくないはず。
戦争に勝っても負けてもメリットはないことは、火を見るより明らかだろう。
ではなぜ、水と油の如く議論が噛み合わないのか?

マスコミは多くが反対と叫び、こぞって憲法違反だという。また戦争が容易にできる、はてまて徴兵制の復活だとも叫ぶ。
ここでなにかが議論に欠けてはいないだろうか?

日本をどう守る?という議論だ。

極東のパワーバランスは変わろうとしている。
国連決議に反対してまでミサイルを飛ばそうとする国、海洋覇権争いに明け暮れる国、尖閣諸島に領海侵犯を繰り返す国、竹島そして北方領土等の領土問題を話し合おうとしない国、南下政策で領空侵犯を繰り返す国。パレードで大陸弾道ミサイルやらを見せつける国、隣国だけでなく、エネルギー導線を牛耳る国、日本を取り巻く環境は決して穏やかではあるまい。

日本は自国をどう守るのか。
集団的自衛権なんていらない、個別的自衛権だけでいい、アメリカなんていらない、自衛隊だけでいい。そう言い張るのは少々乱暴ではないか。
自国のみ戦争に巻き込まれなければそれでいい訳ない。

いまの憲法の9条は素晴らしい理念であろう。
世界に類をみない平和憲法だ。
しかし日本が70年もの間、戦争に巻き込まれなかったのは日米安全保障条約の存在が大きい。

いまの安保法案が唯一正しく完全無欠とは思えないが、違憲合憲だの議論するのと同じくらい、日本という国をどう守るのか?世界平和とは、という議論を深めてほしい。
対岸の火をみて見ぬふりする国にはなってほしくない。
posted by れん | 時事と世相の話 | 更新情報をチェックする
その他、読まれている記事
子は親の鏡 (2019/09/23)
人材育成 (2019/09/04)
リーダーの心得 (2019/09/03)
母 一周忌の夏 (2019/08/15)
桃に感動 (2019/08/15)
ありがとう (2019/07/16)
一家団欒の大切さ (2019/07/08)
はたらく言葉たち (2019/06/17)
「仕事」に想うこと (2019/06/17)
檸檬(レモン) (2019/06/17)