2015年11月01日

日中韓首脳会議

近くて遠い国
そんな国のTOP会談に安倍首相が飛んでいる。

食事会も開催されず、
ただ実績作りにしか見えぬといったら言い過ぎか?

韓国は中国を公式訪問として招き
日本に対しては実務訪問としての外交となる。
やたら歴史を連呼し、過去を振り返る。
そこに発展的な展開は見えてこない。

(日本の)過去の蛮行を反省しろ…
シュプレヒコールを上げている団体も、
安倍首相の人形を燃やす団体もあるという。
国民性の違いとはいえ、私から見てしまうと異質に感じられる。

私の住む地域、仕事関係の人の中には、
韓国の人、中国の人がいる。
個々の人を見る限り仲良くやっていけるのだが…。
posted by れん | Comment(0) | 時事と世相の話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント(ここどこ)
コメントを書く
コチラをクリックしてください
その他、読まれている記事
子は親の鏡 (2019/09/23)
人材育成 (2019/09/04)
リーダーの心得 (2019/09/03)
母 一周忌の夏 (2019/08/15)
桃に感動 (2019/08/15)
ありがとう (2019/07/16)
一家団欒の大切さ (2019/07/08)
はたらく言葉たち (2019/06/17)
「仕事」に想うこと (2019/06/17)
檸檬(レモン) (2019/06/17)