2016年06月14日

不謹慎狩りと舛添都知事狩り

不謹慎狩りとはよく言ったものだ。
言葉や言動の端々に対して揚げ足をとったり
それ自体はなんも悪くないが、
過剰に反応し反論し非難し誹謗中傷する行為とされる。

農耕民族の血が流れる日本人だからこそか?
文化的遺伝子のなせる技か?
それでも以前に比べ最近は
そういったことに対する許容が狭くなったと思うこの頃。

東京都知事、舛添さんに対する批判も
少々度が過ぎていると思うのは私だけであろうか。

勿論、舛添都知事のお金の使い方は決して褒められるものではない。
政治家としての資質も問題だろう。
政治家生命も次がないだろうし、私自身も支持しない。

ただ、このテの資金の私的流用等の問題は
舛添都知事一人も問題ではなく、
地方議員から国会議員すべてにおいて
ほじくればドンドンでてくるものと思われる。

なのに、みんな寄ってたかって都知事を責め、
辞任を要求する。
その後に何十億の税金を使う選挙を行う。
それが都政にとって最もいいことだろうか。

そもそもこの問題は一部の識者も指摘している通り、
政治資金規正法に照らし合わせても
「不適切といえるかもしれないが違法ではない」
この回答は民主主義、法治国家において正しい判断といえる。

今一度聞きたい、舛添都知事の何がいけないのか?
資金の私的流用・公私混同という人も多いだろう。
しかしそれだけでは違法とは言えない。
なぜなら政治資金規正法には使用用途について規制はない。
勿論、票の買収等は違法だが、
そうでない限り、不適切だが違法ではない、としか言えない。
公私混同というが、何が公で何が私なのか?
その線引きだって非常に難しい。
政治資金を私的趣味や身近な家族のみに使われることは不適切だろうが、
それは有権者がオンブズマンとなって見張ればいいではないか。

法律に反していない行動で寄ってたかって辞任に追い込むことが
果たして素晴らしい政治なのか?
何故かイジメの構図、集団リンチに見えてくる。

舛添都知事以外にも、
もっとひどい私的流用、公私混同している政治家なんぞ
もっともといると思うのは私だけだろうか。
それでいて舛添都知事叩きに専念する姿は何か悍ましさを感じる。

舛添都知事を引き下ろし、不信任決議を提出し、
辞任させ、次の選挙をする。
それが最終目的であっては残念だ。
公僕として政治家として間違ったお金の使い方をしないよう、
法律でどのように縛っていくのか、
政治家自ら議論を深めていってほしい。
posted by れん | Comment(0) | 時事と世相の話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント(ここどこ)
コメントを書く
コチラをクリックしてください
その他、読まれている記事
子は親の鏡 (2019/09/23)
人材育成 (2019/09/04)
リーダーの心得 (2019/09/03)
母 一周忌の夏 (2019/08/15)
桃に感動 (2019/08/15)
ありがとう (2019/07/16)
一家団欒の大切さ (2019/07/08)
はたらく言葉たち (2019/06/17)
「仕事」に想うこと (2019/06/17)
檸檬(レモン) (2019/06/17)