2019年06月16日

人知らずして慍みず

人知らずして慍(うら)みず、また君子ならずや。

自分のことを理解してもらえず、認めてももらえず、誰も手を差し伸べてもくれない。
例え、そういう状況であっても人を恨むことなく、妬むこともなく、羨ましく思うことなく、生きる姿が尊い生き方。
posted by れん | ことば | 更新情報をチェックする
その他、読まれている記事
働く人の大切な、そして大事なこと。 (2020/08/13)
人として悩んだら… (2020/06/14)
タロットとは、ちと違う。 (2020/06/03)
ブルーベリーと百合の花 (2020/06/03)
仏壇離れ (2020/02/02)
不穏な世の中 (2020/01/04)
2020年香取神宮の初詣 (2020/01/03)
子は親の鏡 (2019/09/23)
人材育成 (2019/09/04)
リーダーの心得 (2019/09/03)