2019年07月08日

一家団欒の大切さ

興味のあることに対しては取り組むが
あまり興味ないものに対しては一生懸命に取り組もうとはしない
そんな傾向が垣間見える昨今の人たち。

社会人の場でもそのような状況を垣間見ることがある。

思っていたことと違うので…
上司と気が合わないので…
自分にはこの仕事が合わないので…
そういって簡単に転職していく若者たち。
石の上にも三年とは過去の言葉になりつつある。

なんで気が向かないことをやらなければならないんだ?
嫌々やる必要はないだろう…?

時にはそのような性質を『個性』と言うようになってきた。

現代では情報が溢れんばかりに氾濫している。
自分とは違う興味分野に対しては興味を示さないばかりか、
下手すれば攻撃対象ともなりうる。
日本人はもっと寛容的であったはずだ。

その背景には何があるんだろう?
いつからか核家族化が進み、テレビは一家に一台ではなく個人の所有となった。
一昔前は家族でチャンネル争いがあった。
父親がいれば夕方からは大相撲の番組、NHKのニュース、
そしてプロ野球の巨人戦へと父親主導の元、チャンネルが変わっていく。
子供の私には選択権などない。
当然ながら、家族全員がテレビの前に集まり、夕食を食べながら、
興味のない大相撲とニュースを見せられながら育ったものだ。
興味があろうとなかろうと、一緒にいなければならなかったのだ。
私自身それに対して「なんだチキショー」とは思ったが、不幸だとまでは思わなかった。

しかし今やテレビやパソコン、スマホは個人の所有になる。
家族とも言えども別々のテレビを見る。
ネットを見たいものはそれぞれ見るし、
ユーチューブを見る者、ゲームをするもの、
SNSで仲間と連絡とるもの、…。
興味のないことは家族といえども一緒にはしない傾向が生まれた。

現代ではあらゆる情報が氾濫し選択肢は膨大になったが、
自分の興味とは違うものに対して、情報に触れることが少なくなっていく。
取り入れる情報は自分に合ったものだけになる傾向ではないか。
価値観がぶつかったとき、相手を理解するのではなく、自己主張で終始する。
現代の社会問題や国際問題をみていると、そんな気持ちがしてならない。
正義は一つではない。

昔の家族、一家団欒とは、
相性がよかろうと悪かろうと、
興味があろうとなかろうと、
好きであろうとなかろうと、
一緒にいて、一緒にテレビを見て、会話をする…という場があった。
家族といえど価値観が違う。
それでも相手に対して聞く耳を持つようになっていた。
興味のない大相撲をみて、
いつの間にか力士の名前を覚え、ルールを知ることになる。
興味のないニュースをみて、
社会情報がいつの間に耳に残り、時事も知るようになる。
忍耐力も養われるし、「なぜだろう?」という探求心も養われてきたはず。

一家団欒とは社会性を学ぶ大切な場なんだ。

posted by れん | うらない | 更新情報をチェックする
2019年06月17日

はたらく言葉たち

20190617_はたらく言葉たち.JPG

甲子園に行きたかったら、
朝から晩まで、土日だって練習するでしょう。
でも、社会に出たとたんに、それは「ブラック企業」になってしまう。
人材サービス/経営者・50代

仕様書どおりにつくるエンジニアはいらない。
まだ世の中にないものを、作ろうとしているのだから。
半導体製造装置メーカー/経営者・60代

上司がイケてないって?
その上司にちゃんと向き合えていないお前がイケてないんだろ。
飲食/経営者・40代

ネットで炎上していた言葉たち。
私自身が思うには、全く間違った言葉ではないと思う。
ただ言葉足らずの標語かな、と考えてしまった。

====

まず一つ目
甲子園に行きたかったら、
朝から晩まで、土日だって練習するでしょう。
でも、社会に出たとたんに、それは「ブラック企業」になってしまう。

好きなことに打ち込むことは素晴らしい。
それは自らが物事に熱中し研鑽しているからこそだ。
仕事においてもそれは同じだろう…。
それとは逆に業務命令の元で「やらされている感」いっぱいなら、
それはブラック企業と指摘されてしまう。
上の標語は「自ら進んで熱中し研鑽すること」と
「業務」を同じ目線で語っていることがおかしいところ。


二つ目。
仕様書どおりにつくるエンジニアはいらない。
まだ世の中にないものを、作ろうとしているのだから。
エンジニアとは仕様書通りに作るのが仕事だ…と一部から批判されていたという。
私だったら次のように書くだろう。
仕様書どおりにしか、つくることができないエンジニアはいらない。と…。

まぁ、エンジニアあるある話では、バグを指摘しても彼らは仕様だと必ず言う。
私自身、何度もそう言われてきた。

仕事には二つある。既存運用を守ること、新規を作り出していくこと。
既存だけでは発展しないし、新規だけでは安定しない。
つまりその両輪が大切なんだ。
世の中にないものを作ろうという創意工夫を求める場合、
仕様書通り指示通りにしか動かない社員は経営者からみたら歯痒いものだ。


三つ目
上司がイケてないって?
その上司にちゃんと向き合えていないお前がイケてないんだろ
これは誰の目線でいっているのか? で印象が変わってしまうだろう。

論語にある言葉
人の己を知らざるを患(うれ)えず。人を知らざるを患(うれ)う。

自分を理解してくれない、認めてくれないことを心配せず、
他人を理解してあげられていない、認めてあげられていないことを心配しなさい。



posted by れん | 時事と世相の話 | 更新情報をチェックする

「仕事」に想うこと

最近の若者は…、と意見してしまうのは自分が年を取ったせいなのか。
少しだけ自己嫌悪に陥ってしまう。
私が勤めている会社でも、新入社員たちが配属面談でいう言葉がある。
「あれはやりたくない」
「これはやりたくない」
「私はこれがやりたくて入社しました」等
それでも希望通りに叶えて上げても、
課題等でつまずくと「私が思っていたのと違うので…」といって、
意外とあっさり辞めていく風潮がある。

仕事とは決して苦役ではないと思う。
西洋では「労働は苦しみ」という文化がある。
それはアダムとイブの神話にまで遡るらしいが、禁断の実を食べた罰として、
女性には出産という苦しみを男性には労働という苦しみを与えた、ということらしい。

でもそれは西洋の話。日本ではどうなのか…。
働くとは「傍(はた)を楽(らく)にする」から、「はたらく」
つまり自身が働くことによって周りを楽にさせることでもあり、
または「仕事」とは事に仕えると書く。つまりは貢献するということ。
周りに貢献することによって、また自身も成長する。
本来の日本古来では仕事は苦役ではなかったはず。

いつの間にやら、即物的となり全てにおいて対価代償を求め、
全てを金銭に換算する風潮が蔓延る。
別にお金が悪いわけではないし、金銭の為に働くことは悪だとも思わない。
今の世の中で生きていくにはお金は必要不可欠なのだから。

しかし
労働の価値をすべてお金に換算してしまうと、格差の問題等、様々な要素が絡み合いだす。
一言では言い表せない、難しい問題。
posted by れん | 時事と世相の話 | 更新情報をチェックする

檸檬(レモン)

レモンを育ててみました。

5月29日ころ
花が咲き虫たちがせっせと受粉をしていました。
20190616_レモン5月29日.jpg

実はレモンの花は1年で5月6月11月に3回咲くチャンスがあるとのこと。
ただし、多くの新しい花が咲いたり、枝の数増やして栄養を使い過ぎると、
その後に実が十分に育たないことがあるようです。
そうならないためにも枝は増えすぎないよう適度に減らしておきましょう。

6月16日
どうやら実がついたようです。
20190616_レモン6月16日.jpg

鉢に植えて1年目なので、実は最小限にします。
実を大きく育てるには「摘果」という作業が必要となります。
栄養を分散させすぎないようにするためです。
一説によると1つの実には25枚の大きい葉が必要だとか…。

最初の数年は幹を太らせ根を張らせることが大事です。

アゲハ蝶の卵とともに…
20190616_レモン6月16日2.jpg

収穫は11月頃になるのでしょうか。楽しみです。
posted by れん | 雑記 | 更新情報をチェックする
2019年06月16日

人知らずして慍みず

人知らずして慍(うら)みず、また君子ならずや。

自分のことを理解してもらえず、認めてももらえず、誰も手を差し伸べてもくれない。
例え、そういう状況であっても人を恨むことなく、妬むこともなく、羨ましく思うことなく、生きる姿が尊い生き方。
posted by れん | ことば | 更新情報をチェックする